リスコフの置換原則とは

リスコフの置換原則とはオブジェクト指向の設計の原則の一つであり、「基本クラスをサブクラスに入れ替えても問題なく動かなけらばならない」という原則です。
もしサブクラスに入れ替えると正しく動かなくなるのであれば、クラスを利用する側はサブクラスを使用してはならないというのを意識しながらコーディングしなければならず、保守性が低下します。

クラスの入力・出力に目を向けると、以下の条件を満たすとリスコフの置換原則を満たすことができます。

1.サブクラスの入力のパターンは、基本クラスの入力のパターンよりも緩い

2.サブクラスの出力のパターンは、基本クラスの入力のパターンよりも厳しい
 

もし、サブクラスの入力のパターンが基本クラスの入力のパターンよりも厳しいと、利用する側はサブクラスを利用する際にサブクラスが許容する入力であるかどうかを意識する必要が出てきてしまいます。
また、サブクラスの出力のパターンが基本クラスの出力のパターンよりも緩いと、利用する側はサブクラスを利用する際にサブクラスが予期せぬ出力をしないか意識する必要が出てきてしまいます。

以下のサンプルコードは、割り算を行う基本クラスであるDivideクラスを、サブクラスのDivideBusinessクラス・DivideBad1クラス・DivideBad2クラスで入れ替えてみるサンプルです。

DivideBusinessクラスは、基本クラスが許容する入力パターンに加え分母=0のパターンも許容し、基本クラスが出力することがある負数を出力しません。Divideクラスと入れ替えても特に考慮するパターンが増えることはなく、リスコフの置換原則を満たした良いクラスです。
しかし、DivideBad1クラスは、基本クラスが許容する分子=負数のパターンを許容せず、基本クラスと入れ替えた場合は分子が負数になっていないか意識する必要が出てきてしまいます。
また、DivideBad2クラスは、基本クラスと異なりnullを出力するパターンがあり、基本クラスと入れ替えた場合は出力がnullになる場合を意識する必要が出てきてしまいます。

【サンプルコード】

・DivideMain.java

・Divide.java

・DivideBusiness.java

・DivideBad1.java

・DivideBad2.java

【結果】


いかがでしたでしょうか。

ポリモーフィズムを利用するとソースコードを簡潔にできるのですが、それを実現するためにはリスコフの置換原則を満たすことが必要です。
デザインパターン等で良い設計に触れている方なら自然に満たせるものかもしれませんが、今一度意識してみるのも良いかもしれません。

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA