ChromeからJavaScriptを実行する

Chromeのデベロッパーツールの機能の一つであるConsoleでは、任意のJavaScriptを実行することができます。
コマンドプロンプトでDOSコマンドを実行するような感覚でJavaScriptを実行することができるので、JavaScriptの仕様のちょっとした確認を行いたい場合に便利です。

【手順】

1.Chromeを立ち上げる。

2.F12でデベロッパーツールを立ち上げる。

(「その他ツール」→「デベロッパーツール」、Ctrl+Shift+Iでも可)

3.「Console」タブをクリックする。

4.任意のJavaScriptを記述し、実行する。

(Shift+Enterで改行、Enterで実行)


また、Consoleで実行するJavaScriptにより、現在開いているページに影響を与えることもできます。
例えば、MDNのJavaScriptチュートリアルのトップページにアクセスし、下記コードを実行すると、ページの文字列置換(’JavaScript’を’[JavaScript]’に置換)を行うことができます。


いかがでしたでしょうか。

JavaScriptの動作は予想が難しいものが少なくないため、Consoleでの実行確認の使用頻度は高いです。
JavaScriptでの業務を行うのであれば、Consoleでの実行確認の方法は早めに覚えておきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA