Node.jsインストール手順とHelloWorld(Windows、2020年10月)

Node.jsをインストールすることで、JavaScriptをCUIで実行することができるようになります。
JavaScriptが得意なエンジニアがサーバーサイドプログラミングに関わる場合によく使われるようです。

今回は、WindowsOSのPCにインストールし、実行確認をする手順を掲載します。
バージョンが頻繁に更新されるようなので、バージョンを明記します。

■前提

・OS

Windows8.1

・実施日

2020年10月04日

・Node.jsのバージョン

12.18.4

■インストール手順

1.Node.jsの公式サイトにアクセスする。

https://nodejs.org/ja/

2.「12.18.4 LTS」をクリックする。

3.「node-v12.18.4-x64.msi」を実行する。

4.Node.jsのインストール画面が出てくるので、デフォルト設定でインストールする。

※「Install」押下後、インストールするか尋ねるポップアップが出たら「はい」を押下

5.インストールが完了すると下記の画面が出てくるので、Finishを押下。

■Node.js起動手順

1.「Node.js command prompt」を探して起動。

※Windows8.1の場合、「スタート」→左下の「↓」ボタン押下→「アプリ」から起動可能

2.プロンプト画面が起動するので、下記コマンドを発行(入力→Enter押下)。

インストールしたバージョン(今回は「v12.18.4」)が出力されればOK。

■実行確認(Hello World)手順

1.「Node.js command prompt」を起動する。

2.下記コマンドを発行し、任意のフォルダ(今回は「C:\tmp\」)に移動する。

3.下記コマンドを発行し、「hello.js」という名前のファイルを作成する。

4.任意のフォルダに作成した「hello.js」を、エクスプローラ上から開く。

5.「hello.js」に下記(プロンプト上に文字列を出力する命令)を入力して保存。

6.下記コマンドで「hello.js」を実行、「Hello world!」と出力されればOK。


いかがでしたでしょうか?

Web系でもない限りはNode.jsを使うことはあまりないと思いますが、今風のWebサービス(例えばSlack)の手順をWebで探すとNode.jsを使うことが前提の手順が出てきたりします。
できる作業の幅を広げるという意味で、Node.jsの概要、インストール手順、実行手順といったものは知っておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA