単一責任の原則とは

オブジェクト指向の設計ではいくつかの原則があります。
その中でも有名な原則の一つが「単一責任の原則」です。

この原則は、その名の通り「一つのクラスに持たせる責任は一つにする」という原則です。
この原則が何のために用いられるのかと言うと、複数の理由で1つのクラスを修正するのを防ぐためです。
ここで言う「理由」を「案件」、「クラス」を「ソース」と捉えると分かりやすいと思います。
複数の案件で1つのソースを修正する必要が出てしまうと、並行開発手順やバージョン管理等が煩雑になってしまい、品質に悪影響が及びます。

「一つのクラスに持たせる責任は一つにする」と捉えると具体的なイメージが浮かびにくいと思うのですが、「複数の案件で1つのソースを修正しないような粒度で設計する」と捉えると分かりやすいと思います。


以下では、javaのソースコードで例を出します。
商品の名前と値段を登録し、それを表示するという例です。

まずは悪い例からです。

【サンプルコード1】

・CommodityMain.java

・RegistShowCommodity.java

【実行結果1】


ここで、「商品の税込み価格を計算可能にする」という案件と、「表示を綺麗にする」という案件が発生したとします。
今の設計だと、どちらの案件も RegistShowCommodityクラスの修正となってしまいます。

そこで、商品の登録を行う RegistCommodityクラス、商品の価格計算を行う CalcCommodityクラス、価格表示を行う ShowCommodityクラスの3クラスに分割します。

【サンプルコード2】

・CommodityMain.java

・RegistCommodity.java

・CalcCommodity.java

・ShowCommodity.java

【実行結果2】


3クラスに分割した結果、「商品の税込み価格を計算可能にする」という案件は CalcCommodityクラスの修正、「表示を綺麗にする」という案件は ShowCommodityクラスの修正で対応できるようになり、別々の案件で1つのクラスを修正する状態を防ぐことができました。

【サンプルコード3】

・CommodityMain.java

・RegistCommodity.java

・CalcCommodity.java

・ShowCommodity.java

【実行結果3】


いかがでしたでしょうか。

オブジェクト指向の設計と言うと覚えることが多くて大変だという印象を持つかもしれませんが、いくつかの原則を抑えるだけでも良い設計ができます。
(デザインパターンも、原則に則って設計を考えると自ずと導き出されるものだと思っています)

単一責任の原則は代表的な原則の一つなので、覚えておいて損はないと思います。

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA