java:重複を排除する方法3選

今回は、javaでListの重複排除を行う方法を3つ紹介します。

1つ目の方法は、for文で自力でアルゴリズムを記述して重複排除を行う方法です。
記述が冗長になり、コーディングミスも起こりやすいことから、現在の実務ではこの方法で重複排除を行うことはないと思います。
しかし、新人研修でjavaの標準APIの学習が不十分な段階で使うケースが想定される他、実務でもCOBOLからjavaにコンバージョンしている等のレガシーな環境では見かけることがあるかもしれません。

2つ目の方法は、HashSet(順番を保証する必要がある場合はLinkedHashSet)を使用する方法です。
HashSetとは、重複を排除して要素を格納するクラスであり、自力で重複排除のアルゴリズムを記述する必要がないためコーディングミスは起こりにくいです。
コンストラクタでListとSetの相互変換も可能であることもあり、記述も簡潔になります。
実務ではHashSetを使うケースが多いと思います。

3つ目の方法は、StreamAPIを使用する方法です。
StreamAPIにはdistinctメソッドが用意されており、このメソッドを呼び出すことで重複排除が可能です。
Java8から導入された機能であり、背景に関数型プログラミングの考え方があることから、昔からjavaを書いてきた人は取っつきにくさを感じるかもしれません。
しかし、新しい物好きの現場ではStreamAPIの使用が好まれるでしょう。

以下、サンプルコードです。

【サンプルコード】

【実行結果】


いかがでしたでしょうか。

新人研修で重複排除の方法が話題になったので、この記事を書いてみました。

javaは歴史の長い言語であるため、一つのことを実現するだけでも色々と書き方があります。
また、今回紹介したように、時と場合により、どのような書き方をするか使い分けすることが望ましいです。

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA