java:WEBからHTMLファイルを取得するサンプルプログラム

HTML形式のログを定期的に取得しているのですが、その時に使用しているサンプルプログラムを公開します。
Javaの実行環境が整っているWindowsOSで、LogGet.java と LogGet.bat を同じディレクトリに置き、LogGet.bat を実行すると、「html」フォルダが出来上がりそこにHTMLファイルが格納されます。
取得するHTMLファイルのURL、及びHTMLファイルのローカルでのファイル名は、LogGet.java を修正して変更します。
HTMLファイルの文字コードは「EUC-JP」を前提としていますので、他の文字コードが使用されている場合は LogGet.java の「EUC-JP」の箇所を適宜修正してください。

【サンプルコード】

・LogGet.java

・LogGet.bat


いかがでしたでしょうか。

定期的にHTMLファイルを取得する機会があったので、javaでプログラムを作ってみました。
複雑なWebページを取得するには不向きですが、単純なHTMLで書かれたページを定期的に取得する時に便利だと思います。

便利な機能を見つけたら、また紹介したいと思います!

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA