java:Enumによりコード値に意味を持たせ可読性を向上させる

javaのEnum(列挙型)を使用するメリットとしては、一般的に「使用可能な定数を明確化できる」「定数を複数のクラスで使い回せる」といったメリットが挙げられます。
実際に使用していて、コード値に意味を持たせられるというメリットもありそうだったので、記事に残します。

コーディングをしていると、コード値を用いた方が便利な場合が間々あります。
例えば、RPGの道具に対して、「weakSwordにはID0、normalSwordにはID1、strongSwordにはID2を割り振る」といった具合です。
コード値を用いれば、コード値を用いて配列操作することが可能になりますし、DBでマスタ管理する際にも便利です。

しかし、コード値には「人間が理解し辛い」というデメリットがあります。
コンピュータで処理する分には効率が良いのですが、人間から見たら「IDが0ならweakSword、IDが1なら…」といった具合で、コード値が何を意味しているのかを予め知る必要が出てきてしまいます。
コード値とその意味の対応付けを人間が行うことで、読み間違い・書き間違いといったバグに繋がるミスも起こりやすくなります。

そこで、Enumでコード値とその意味の対応付けを行えば、「ソースコード上は意味のある単語、コンピュータ上はコード値」という形にできます。
そうすることで、コード値とその意味の対応付けを人間が行う必要が無くなり、読み間違い・書き間違いを未然に防ぐことができます。

以下、サンプルコードです。

【サンプルコード】

・ItemEnum.java

・ItemManagementMain.java

【実行結果】


いかがでしたでしょうか。

Enumを始めて知った時は何のために使うのか分からなかったのですが、慣れてくると便利だと思うようになりました。
今回は、実際に使って便利だった点を一つ挙げて記事にしてみました。

これからも、役に立つと思ったことがあればどんどん記事にしていきたいと思います!

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA