java:javaからのOSコマンド呼び出しと注意点

javaのプログラムからOSのコマンドを実行したい場合は、Runtimeクラスのexecメソッドで実現できます。
 
しかし、OSのコマンドは別プロセスで立ち上がるので注意が必要です。
ProcessクラスのwaitForメソッドでプロセスの終了を待たないと、処理が前後してしまい意図しない挙動となることがあります。
また、destroyメソッドでプロセスを明確に終了させ、資源を回収することも重要です。
 
以下は、プロセスの終了を待たないと意図しない挙動となることを確認するためのテストコードです。
javaのプログラムでは、OSのコマンドを使用して、3秒のスリープ後に hoge.txt を aフォルダ から bフォルダ へ移動させています。
waitForメソッドを使用しなかった場合、javaのプログラムが終了した時点で hoge.txt の bフォルダ への移動が完了していない(javaのプログラムが立ちあげたプロセスが終了していない)ことを確認できます。
逆に、waitForメソッドを使用した場合は、javaのプログラムが終了した時点で hoge.txt の bフォルダ への移動が完了している(javaのプログラムが立ちあげたプロセスが終了している)ことを確認できます。
 

【テストコード】

・RuntimeTest.java

【実行用バッチ】

・RuntimeTest.bat

【「p.waitFor();」と「p.destroy();」をコメントアウトした場合の実行結果】

【「p.waitFor();」と「p.destroy();」を有効にした場合の実行結果】

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA