JSONを整形するNode.jsのサンプルコード

JSONフォーマットはプログラムで読み込むことができるデータ構造であり、人間が読むのにも適しています。
しかし、人間が読む場合、適切にインデントが入っていないと読みにくいです。

そこで、JSONフォーマットを整形するサンプルコードを紹介します。
このサンプルコードはNode.jsを入れることで動かすことができます。
サンプルコードと同じディレクトリに”hoge.json”のファイル名でJSONファイル(UTF-8)を格納し、サンプルコードを実行すると、同じディレクトリに”hoge_shaped.json”の名前で整形済みJSONファイルが出力されます。
(JSONフォーマットの詳細については、以前の記事を参照して下さい)

【サンプルコード】

・json_shaping.js

【サンプル実行結果】

・hoge.json

・実行コマンド

・hoge_shaped.json


いかがでしたでしょうか。

このようなコードは元々趣味で使っていたのですが、実務でも使う機会が出てきたので、記事として公開してみました。
何かの助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA