JavaScript:async・awaitの例外処理

JavaScriptのasync・awaitについては以前の記事で簡単に触れましたが、例外処理を行う場合には別途注意が必要であるため、続きの記事を書きます。

async・awaitで例外処理を行う場合、メソッドチェーンで受け取る方法と、try-catchで受け取る方法があります。
これらの方法について、紹介していこうと思います。

サンプルコードはNode.jsで実行しています。


awaitで呼び出される関数では、Promiseオブジェクトを返す必要があります。
通常はresolveで返しますが、例外処理を行う場合はrejectを返す必要があります。
これは、例外をメソッドチェーンで受け取る場合も、try-catchで受け取る場合も変わりません。

なお、rejectで返されたPromiseオブジェクトをメソッドチェーンでもtry-catchでも受け取らなかった場合は、UnhandledPromiseRejectionWarningが発生しプロセスが終了するので、注意が必要です。


rejectでPromiseオブジェクトを返された場合は、メソッドチェーン「.catch」で受け取ることが可能です。
「.catch」で受け取った場合は、「.catch」内の処理が実行され、戻り値は取得できません。
(戻り値はundefinedになります)
resolveで返された場合は、「.catch」内の処理が実行されません。

なお、メソッドチェーン「.catch」の前にメソッドチェーン「.then」を入れることで、resolveで返されたPromiseオブジェクトをこれで返すことができます。
「.then」で受け取った場合は、「.then」内の処理が実行され、戻り値は取得できません。
(戻り値はundefinedになります)
また、rejectで返された場合は、「.catch」の前に定義した「.then」内の処理が実行されません。

以下、サンプルコードです。

【サンプルコード】

・sample.js

【実行結果】

・①と③と④のコメントアウトを外した場合(resolveを.thenで受け取る)

・①と④のコメントアウトを外した場合(resolveを.thenで受け取らない)

②と③と④のコメントアウトを外した場合(rejectを.catchで受け取る)

参考:②と③のコメントアウトを外した場合(rejectを受け取らない)


rejectで返されたPromiseオブジェクトはtry-catchで受け取ることも可能です。
ただし、この場合、戻り値を参照しないように注意が必要で、参照してしまうとUnhandledPromiseRejectionWarningが発生しプロセスが終了してしまいます。

以下、サンプルコードです。

【サンプルコード】

・sample.js

【実行結果】

・そのまま実行した場合(rejectをtry-catchで受け取る)

・参考:⑤のコメントアウトを外した場合(try-catchで受け取る際に戻り値参照)


いかがでしたでしょうか。

JavaScriptのasync・await、特に例外処理は文法に少し癖があり、誤った記述をしても異常終了しないことがあるので、実際のシステム開発でも障害になりやすい所です。
awaitで待っていないように見える、例外発生時にだけ予期せぬ事象が出る、といった場合は、async・awaitの書き方が正しいか疑ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA