障害の発生原因の切り分けのポイント

テストや本番運用で障害が発生した場合、既知の障害等で原因が明らかな場合を除き、対応のために原因を調査する必要があります。
原因を調査する上ではどこに原因があるのかの切り分けが必要になります。
以下では、切り分け作業を行う上でのポイントを順を追って説明します。

1.障害が発生した状況を保全する

障害が発生したデータやその状況を記録したログは後の調査で使いますので、誤って更新したり削除したりしないように保全する必要があります。
テスト中であればそのデータを用いたテストは中断する必要がありますし、場合によってはコピーして別の場所に補完する必要があります。

2.期待される値との比較を行う

データやログを見て、設計上期待される値と異なる点を探していきます。
コーディングの単純な誤りであれば、大抵の場合は、データが期待値と異なるようになった箇所やログの出力内容から原因を特定できます。
場合によっては、その期待値自体が合っているのかどうか、設計や要件の確認・再検討が必要になる場合もあります。

3.障害発生手順を確立させる

ログの出力内容が不足している場合や原因が込み入っている場合は、データやログを見ただけでは原因がわからない場合があります。
その場合は、障害が発生した時と同じ手順で障害の再現を確認します。
障害が再現すれば、障害を発生させる手順が確立されたということになります。
厄介なのは障害が再現しなかった場合で、一意キー(顧客番号や受付番号の類)が障害発生時と異なることに注目して一意キーと結びつくデータを洗い出す、ランダムに処理が変わる箇所がないか(乱数を使っている箇所や振り分け先がランダムなロードバランサー等に注目する)、という観点で再現しなかった理由を調査し、障害発生手順を確立させます。
どうしても確立できない場合は、ハード障害である可能性を視野に、障害発生時の状況をまとめてハードウェアを提供するベンダーに確認する、というアクションを起こす必要がある場合もあります。
(私の経験上、「太陽フレアでビットが入れ替わってしまった」という冗談のような原因を告げられたこともあります)

4.再現手順を元に開発環境で原因調査を行う

再現手順が確立したら、開発環境で再現手順を試し、徐々に原因を絞り込んでいきます。
もし環境を変えたことで障害が再現しなくなった場合、環境問題である可能性が出てきます。
(例えば、マスタデータの不備、機器の構成の違いに起因する問題、等)
障害が再現する場合、開発環境ではデバッグを入れて変数の内容を表示することができますので、それをログの代わりにして原因調査を進めることができます。
また、開発環境ではデータも自由に書き変えられますので、データを少しずつ書き変えて挙動を確かめることでも、原因調査を進められます。


いかがでしたでしょうか。

障害調査は経験則で語られることが多いので、私自身の経験を基に文章にしてみました。
もし参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA