JavaScript:ブラウザからローカルのテキストファイルの入出力

JavaScriptをブラウザから使用する場合、セキュリティによりローカルへのテキストファイルへのアクセスは制限されています。
その制約の中で、下記の方法を使用すれば、ローカルのテキストファイルへの入出力が可能になります。

・入力

テキストファイルをJavaSctipt形式に変換し、変数として読み込む。

・出力

HTMLのaタグを使用してダウンロードさせる。
aタグの仕様上、ダウンロード先のパスは自ユーザーのDownloadsフォルダになる。
(ただし、aタグのdownload属性はIEでは使用不可)

 

以下、サンプルコードです。

【サンプルコード】

・test.html

・test2.js(テキストファイルを以下のようなjsファイルに変換するのが前提)

【実行結果】

・test.htmlを開く

・ファイル出力ボタン押下

以下のようなファイルが出力される。

・ファイル入力ボタン押下


いかがでしたでしょうか。

ブラウザからローカルのテキストファイルへのアクセスが制限されているのは、インターネットを使う分にはありがたいことなのですが、ローカルでスタンドアローンな画面を使っている場合には逆に困ってしまいます。
そのような場合に、今回紹介したようなテクニックが使えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA