Excel・VBA:始めてのマクロの作り方(Hello World)

Excelのマクロ(VBA)の作り方の紹介です。
マクロを使える設定にしてから、「Hello World」をポップアップで表示するボタンを作成し、保存する所まで紹介します。
Excelのバージョンは Excel 2013 とします。

手順1:マクロを開発可能にする

Excelの任意のファイルを開き、「ファイル」タブを開く。
「ファイル」タブの「オプション」を選択する。

オプションが表示されるので、「リボンのユーザー設定」タブを選択し、「開発」のチェックボックスをONにし、「OK」を押下する。

手順2:マクロ有効ブックとしてファイルを保存する

「ファイル」タブを開き、「名前を付けて保存」を選択する。
保存する際、ファイルの種類を「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択する。

手順3:ボタンを作成する

「開発」タブの「挿入」から「ボタン(フォーム コントロール)」を選択する。

任意の場所にボタンを作成すると、「マクロの登録」ウインドウが開く。
ここで「新規作成」を選択する。

ソースコードの入力画面に遷移するため、下記のように記述する。
(ボタンの名前が「ボタン1」の場合)

手順4:ボタンの稼働確認をする

手順3で作成したボタンをクリックする。
「hello world!」と書かれたポップアップが開くことを確認する。


いかがでしたでしょうか。

今回の例はごく平易です。
しかし、ここまでできるようになれば、プログラム言語の経験者であれば自分で調べながら実務レベルのマクロを作ることができるようになります。
VBAはプログラム言語の一つですので一般的なプログラム言語に備えられている機能は一通り揃っていますし、それをセル参照・更新の機能と組み合わせれば、色々な作業の自動化が可能になります。

これからも役に立つ情報を発信していきたいと思います!

Excel:VLOOKUP関数と代替関数の使い方のまとめ

表題の通り、VLOOKUP関数とその代替関数の使い方をまとめました。

Excelであるキーに対応する値を取って来たい場合、多くの場合はVLOOKUP関数(第四引数FALSE)を使うと思います。
記述量も少なく関数の内容もわかりやすいので、VLOOKUP関数は広まっていますし、とりあえず検索したい時はVLOOKUP関数(第四引数FALSE)で事足ります。

しかし、高速化する必要がある場合や左側の項目を取得する場合、行と列の両方にキーが存在する場合は、他の方法で検索する必要があります。
一番汎用性が高いのはINDEX関数とMATCH関数の合わせ技です。
MATCH関数は第二引数で指定された範囲から第一引数が存在する位置を返すというもので、INDEX関数は第一引数の範囲から第二引数が示す位置を返すというものです。INDEX関数の第二引数にMATCH関数の結果を用いることでVLOOKUP関数と同じようなことができます。左側の項目を取得したい場合にも対応できます。
また、MATCH関数の第三引数(通常は0)を1にすることで、文字コードの昇順に並んでいる範囲を二分検索で高速で検索することもできます。
更に、INDEX関数は第二引数で行の位置、第三引数で列の位置を指定することもでき、この二つの引数を用いることで行と列の両方にキーが存在するケースにも対応できるようになります。
いざという時に使えるようにしておくと便利でしょう。


使い方をまとめた画像は以下になります。

以下、コピペ用にテキストでも記載します。
セル指定は適宜変更して下さい。

・キー項目が昇順・降順ではない場合の検索

VLOOKUP(B12,$B$3:$D$7,3,FALSE)
INDEX($D$3:$D$7,MATCH(B17,$B$3:$B$7,0))

・キー項目が昇順の場合の高速検索

IF(VLOOKUP(B21,$C$3:$C$7,1,TRUE)=B21,VLOOKUP(B21,$C$3:$D$7,2,TRUE),NA())
IF(LOOKUP(B25,$C$3:$C$7)=B25,LOOKUP(B25,$C$3:$C$7,$D$3:$D$7),NA())
INDEX($D$3:$D$7,MATCH(B28,$C$3:$C$7,1))

・キー項目が右側に存在する場合の検索

IF(LOOKUP(B35,$C$3:$C$7)=B35,LOOKUP(B35,$C$3:$C$7,$B$3:$B$7),NA())
INDEX($B$3:$B$7,MATCH(B38,$C$3:$C$7,1))

・列検索と行検索を同時に行う場合の検索

INDEX($B$2:$D$7,MATCH(C46,$B$2:$B$7,0),MATCH(B46,$B$2:$D$2,0))


いかがでしたでしょうか。

キーに対応する値を取って来るだけでも、意外と奥深いことが分かったと思います。
VLOOKUP関数(第四引数FALSE)で大抵の場合は事足りるとは言え、遅い、左側の項目を取得できない、行と列を同時に検索できない、という不満はいずれ持つと思います。
そのような時に、INDEX関数とMATCH関数の合わせ技でサクっと対応できることがあるので、覚えておくと便利だと思います。

次回も、役に立つ情報を提供していきたいと思います!

ExcelのVLOOKUP関数の高速化

今回はExcelの小技ということで、検索でよく使うVLOOKUP関数の高速化についてです。

VLOOKUP関数は、第四引数にTRUEかFALSEかを設定します。
通常はFALSEで使用すると思うのですが、TRUEを指定するとあいまい検索になります。
「あいまい検索」と言われると部分一致検索のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、実際は二分検索だそうです。
二分検索については情報処理技術者試験でも出題されるので各自調べてほしいのですが、平たく言うと検索対象のデータが昇順にソートされていることを条件に高速に検索する方法です。
Excelの場合は文字コード(SJIS)の昇順に並べる必要があります。

FALSEの場合は線形検索(上から順次検索)になるので、検索対象のデータ量がN倍になると検索にかかる時間もN倍になります。
しかし、TRUEの場合は二分検索になるので、検索対象のデータ量がN倍になっても検索にかかる時間はlogN(底は2)倍の増加で済みます。
例えば、データ量が2倍になった場合は、FALSEだと2倍の時間がかかるようになりますが、TRUEだと1.414…倍になります。データ量が3倍になった場合は、FALSEだと3倍の時間、TRUEだと1.732…倍になります。

注意点としては、TRUEにした場合は満たす値が無かった場合にも値を返すようになるということがあります。
検索条件を満たす値が無かった場合は、満たす値未満の最も大きな値を返します。
例えば、以下のようにデータ並んでいて11を検索した場合は、けが返ります。
10 け
12 こ

FALSEの場合と同じように一致するデータが無かった場合に#N/Aとしたい場合は、以下のようにする必要があります。
=IF(VLOOKUP(検索値,範囲,1,TRUE)=検索値,VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,TRUE),NA())
まずは検索条件と同じデータが存在するかどうかを調べ、存在する場合のみ検索をする、存在しない場合は#N/Aとする、ということをしています。
VLOOKUP関数を2回発行しているのでデータ量が少ないとFALSEの場合よりも時間がかかる場合もありますが、データ量が増えてくると効果を発揮します。

ここで注意点なのですが、漢字をキーにして検索する場合は、フィルタからの並び替えは不可です。
フィルタから並び替えると、文字コードの昇順ではなく、読み仮名の昇順に並んでしまうためです。

漢字を文字コードの昇順に並び替えるためには、以下の手順を踏む必要があります。

1.「データ」タブ→「並び替え」を選択

2.「オプション」を選択

3.「ふりがなを使わない」を選択

4.「列」を当該列、「並び替えのキー」を「値」、「順序」を「昇順」とする

5.「OK」を押下すると文字コードの昇順に並び替えられる


いかがでしたでしょうか。

VLOOKUP関数は普段の業務でも良く使用する関数だと思うのですが、調べてみると意外と奥深いことがわかります。
二分検索を使用した高速検索、漢字の文字コード順の並び替えについては、知っておいて損はないと思います。

業務で役に立つ小ネタがありましたら、また紹介しようと思います!