株式会社cyzennt

【社員インタビュー】M・Hさん(システム部プロジェクトリーダー)

Q1.現在の部署やチームについて教えてください————————-

はい、在籍している部署はシステム部で、受託チームに所属しています。この受託チームでは、ワンパスという教育管理システムのウェブアプリケーション開発を行っています。

また、オフショア開発チームとしてフィリピン現地のメンバーと一緒に開発を始めている段階で今チームを二つ掛け持ちしています。

私はそのチームの中で主に開発リーダーとして働いています。業務内容としてはお客さんとやり取りを行ったり、要件定義などのディレクション業務を行います。また、チームメンバーの開発進捗を管理して、お客様との共有なども行います。レビューや管理が私の主な仕事です。

Q2.サイゼントを選んだきっかけは?————————-

はい、もともと全くITとは関係がない医療従事者で放射線技師をやっていました。そこから仕事をジョブチェンジしたいなと思ってプログラミングスクールに三ヶ月ほど通いました。転職活動の際に「未経験でも大丈夫」というところを見て、サイゼントに応募したような流れでした。

「面接で代表の郷東と話して、「プログラミングをしっかりやることになるかと思います」という言葉を聞けたので、そこでエンジニアとしてのキャリアがしっかりと築けるかなと感じたのがきっかけです。ちゃんと充実して仕事できるかなと思い、入社したような経緯です!

Q3.サイゼントに入社して、ギャップを感じたことはありますか?————————-

仕事に対してギャップは無かったのですが、私が感じたギャップは「みんなよくお酒を飲む」ということです(笑)

エンジニアの人はあまりお酒を飲まないイメージがあったのですが、帰社日でみんなが集結したときの飲み会では。「どんだけ飲むんだ」って位、メンバーみんながお酒を飲んでました!もちろん、飲まないメンバーもいますがワイワイと楽しくやっています。

悪い面ちょっとだけ言えば、私はフルリモートで帰社日しか他の社員と会えないという部分はあります。入社したてのころはギャップと言うか、そういう他の社員との関わりが薄いという不安はありましたね。未経験からのリモートだったのでうまくできるかな…と。

ただ、私が分からないことがあるときに、先輩社員さんがMTGに多くの時間を取ってもらったので安心しました。ZOOMで画面共有しながら色々と丁寧に教えてくれて、フォローが手厚いところが良いなと思っていました。帰社日でしかメンバーと会えないけど、順調にちゃんとコーディングもできるようになったし、要件定義もレビューもできるようになったので、結果的には問題なかったと思います。

Q4.開発ディレクターとしてマネジメントで気をつけていることはありますか?————————-

相手のやる気を削がないことを意識しています。私、結構はっきり言うタイプなんで、相手の受け取り方が冷たい雰囲気になるかなと思っています。
なので、スラックでは顔文字とかを使って冷たいイメージにならないように、とか考えています。

あとは、バシッと言い過ぎないで「ここはこうしたほうが良いかもしれないです〜」みたいに伝え方を工夫しています。

Q5.心に残っているプロジェクトはありますか?————————-

教育管理システムのプロジェクトです。アプリとプリンタを連携して、アプリでつけた記録がコピー機から紙としてワンタッチで出力されるという機能を実装するという内容でした。設計や要件定義がかなり難しく、資料を見て頭の中で想定して作ったのですごく不安だったんです。すごく難しい設計だったんですが、結果としては苦労して作った仕組みが実際に目の前で動いているのを見て感動しました!

自分たちが作ったものがちゃんと動くんだ!というのが本当に感動で、実際にエンドユーザーが使えるように目に見える形で反映されるのは本当に心が動きます。難しい設計だったからこそ、それが完成したときの喜びも大きかったと思いました!

Q6.これからの短期的な目標と、長期的な目標を教えてください————————-

短期的な目標はとりあえず資格試験に合格することです。今目標としている資格を取得したら、その後にさらにスペシャリスト系の資格を取りたいと思っています。長期的な目標としてはPMとして上の立場に立ったときに適切に人を動かせるようなりたいと思っています。マネジメントの力を養っていきたいです。

Q7.求職者の方にメッセージ————————-

エンジニアとして楽しんで仕事がしたいなら、ぜひ私たち一緒に仕事をしましょう!

お待ちしています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール